ロゴ

四国八十八ヶ所巡りで心身を鍛えよう【人気のお遍路ツアー】

お遍路

四国八十八ヶ所の霊場をめぐる旅をお遍路と言います。お遍路には長い歴史があり、平成26年には霊場開創1200年となりました。八十八カ所の寺院は空海ゆかりの場所とされることから、宗教者の修行の場所という歴史もあります。お遍路は江戸時代に大衆化しましたが、明治時代には低迷した時期もありました。しかし戦後、道路整備や車の普及、公共交通機関の発達などによって手軽に訪れることが出来るようになったことから再び人気が復活しました。そのため、現在では高齢者の健康増進、パワースポットめぐり、観光スポットとしても人気となっています。また、不安定化する社会において現代人は多くの悩みを抱えていますが、お遍路は自分探しの旅としても多くの人に選ばれています。特に歩き遍路については世界各国からたくさんの人が訪れており、自分の心身を鍛える旅などとして親しまれています。

四国八十八ヶ所をめぐる旅にはいろいろなスタイルがありますが、最も人気なのは旅行会社が企画しているパック旅行です。この方法ならバスで各寺院に行けるのでとても快適です。また、1回の旅行で数カ所をめぐることが出来るので短時間でいろいろな寺院を訪れることが出来ます。非常に便利なバック旅行ですが、スケジュールが決まっているので自由に行動できないというデメリットがあります。そこで最近注目されているのがお遍路タクシーです。タクシーでいろいろな寺院をめぐるので足腰に自信のない人も気軽にお寺めぐりが出来ます。また、スケジュールを自由に設定できるという気軽さもあります。途中で観光スポットを訪れたり食事の時間を長めに設定したりと、自分の都合でスケジュールが変えられる点が選ばれる理由となっています。さらに、お遍路タクシーを利用すればドライバーから寺院の歴史や参拝の作法を教えてもらうことも出来ます。また、仲間や家族だけの旅となるので、人目を気にせず旅を楽しみたい人にもおすすめのスタイルです。

お遍路